ブログ

健康寿命を延ばす。大事なことは・・・

健康寿命は、クオリティ・オブ・ライフという考え方に根ざして、ヒトがどれだけ健康で豊かに生きられるかを表す指標といえます。「健康で自立して活動し生活できる期間」とは、具体的には、自力で食事、排泄、入浴、更衣、移動などの日常生活動作が可能で、かつ認知症などを伴わずに自分の意思によって生活できる期間と考えてよい。厚生労働省は2010年(平成22)の健康寿命を、男性70.42歳(平均寿命79.55歳)、女性73.62歳(同86.30歳)と試算しています。

できるだけ家族に迷惑をかけないように、或いは自分が自分の人生を楽しめるために健康寿命を延ばすことは全ての人の課題である。栄養に気を付けることも大事です。適度な運動をすることも大事です。しかし、大前提となるのは人間の器づくり・・・背骨を整え柔軟な体を作っておくことだと思います。そうでないといくら栄養のあるものを食しても、いくら良いと言われている運動をしても自分の体(器)がきちんと吸収してくれなければ効率が悪いからです。

『引きこもり』考 #丹波市の整体・鍼灸院なら丹波からだ工房#

近年特に多くなった引きこもりについて考えてみます。ニートと呼ばれる若年性の引きこもりでは不就学・不就労、壮年性の引きこもりでは長期療養休暇からの退職・不就労といった形で表出します。老年性の引きこもりで多く見られるのは腰や膝がだるく、痛みが生じ、一日中横になっていることを好むうちに引きこもってしまうケースです。
(さらに…)