ブログ

鍼灸治療・整体・水素療法・物理療法について

臓腑病証③脾の病証について#丹波市の整体・鍼灸院なら丹波からだ工房#

脾の病証

  脾気虚 《胃気虚の症候を伴う脾胃虚弱  

        《原因》 ❶ 食欲の不摂生、精神・情動の失調、労倦

  《病証》 ❶ 食欲不振、泥状便(軟便、下痢)、食後の膨満感

                        ❷ 運化機能の低下により気血の生成が悪くなり、消化不良となり、体がだるくなり、肌肉が痩せる。

                        ❸ ガスが溜まって腹が張り、腹鳴が起こる。

                        ❹ 体内に水液が停滞し、湿・痰・飲などの病理産物が生じる。浮腫を形成するものもある。

   ② 脾陽虚

      《原因》❶ 脾気虚が進行して起こるものと腎陽虚が脾陽に影響して起こるものと2パターンある。脾気虚が腎陽に影響すると五更泄瀉(明け方の下痢)などの脾腎陽虚の証候が現れる。

   《病証》❶ 腹痛、喜温喜按、畏寒、腹部や四肢の冷え、

  ③ 脾陰虚

  《原因》❶ 労倦内傷により起こることが多い。脾陰とは脾血・脾の津液のことで、脾血・脾の津液が不足している病証である。

     《病証》❶ 食欲不振、食後の腹部の膨満感、消痩、無力感

                     ❷ 舌質は紅、舌上の津液は少なく(小津)、舌苔は無苔や剥落苔

   ④ 脾胃湿熱

    《原因》❶ 長期にわたって脾胃に湿が滞っていると、化熱して脾胃湿熱を形成する。油っぽいものや甘いものの偏食、酒の常飲は、一方で脾胃を損傷し、一方で鬱熱が生じて脾胃湿熱となる。

    《病証》❶ 膨満感、腹部の陰痛、食欲不振、嘔悪、口苦、口が粘る。

   ⑤ 脾胃の昇降失調

    《原因》❶ 脾の昇清、胃の降濁作用の失調による症状が現れ、一方で脾胃の気機の阻滞による痞(つかえ)が現れる。

    《病証》❶ 脾の昇清作用の失調・・・腹鳴、下痢

        ❷ 胃の降濁作用の失調・・・心下痞、悪心、嘔吐、噫気

 

臓腑病証②肝の病証について#丹波市の整体・鍼灸院なら丹波からだ工房#

肝の病証

  肝鬱気滞  

  《原因》 ❶ 肝の疏泄作用が失調して起こる病証

  《病証》 ❶ 精神抑鬱、易怒、胸悶、胸脇苦満、脈弦

        ❷ 足厥陰肝経と衝脈・任脈とは密接な関係にあり、肝鬱気滞により気病が血に及び衝任二脈が失調すると月経異常が起きる。また、乳房部に気滞による脹痛が現れやすい。

 ②  肝火の亢進

  《原因》 ❶ 肝気の鬱滞が進行して化火し、この火が経に沿って上逆して起こる病証。酒やたばこ辛い飲食物の過剰摂取。

  《病証》 ❶ 頭面部に熱象が現れる特徴がある。頭痛、目の充血、いらいら、怒りっぽい。肝火が胆に移ると耳鳴り、口苦、心神に影響すると心煩、不眠、多夢。

 ③肝陰虚

  《原因》 ❶ 肝の陰液が不足したために、その滋養、滋潤作用が低下して起こる虚熱病証。

  《病証》 ❶ 五心煩熱、盗汗(陰虚)、口や咽頭の渇き、耳鳴り、回転性のめまい

 ④ 肝陽の亢進(本虚標実証)

  《原因》 ❶ 肝鬱、肝火から進行して起こることもある。肝腎陰虚となり肝陽を制御できないと、肝陽は亢進する。本病証の本質は陰虚にある。

  《病証》 ❶ めまい、頭痛、耳鳴り、目の充血、いらいらする、怒りっぽい、腰や膝がだ るく力が入らない。

 ⑤肝血虚

  《原因》 ❶ 全身的な血虚による症状が現れる。血の生成不足、過度の出血、慢性病による肝血の消耗。

       ❷ 肝の造血作用には、血液の貯蔵と血量の調節という二つの作用があり、筋、目、衝任二脈は肝血と密接な関係があり「、心神も肝血と密接な関係がある。

  《病証》 ❶ 目の渇き・かすみ、脇部の隠痛、顔色萎黄、唇や舌の色は淡白  

       ❷ 不眠、多夢

       ❸ 四肢のふるえ、筋肉のひきつり、拘急

       ❹ 月経の経血量は少なく、経質は淡、閉経となるものもある。

 ⑥ 肝風

  《原因》 ❶ 肝腎の過度の陰虚により、陽を制御できない場合

       ❷ 血の不足による筋の栄養不良

       ❸ 過度の肝陽の亢進

  《病証》 ❶ めまい、しびれ、ふるえ、痉挛、拘急、半身不随

 

臓腑病証①心の病証について#丹波市の整体・鍼灸院なら丹波からだ工房#

(1)心の病証

  心気虚  

 《原因》❶ 心の気の不足、先天の不足や情動の失調、慢性病、加齢に伴う臓器機能の衰退により起こる。

 《病証》❶ 心悸(動悸)を主症とする。胸悶、気短(短気;気虚による息切れ)、倦怠、自汗

 ②心陽虚

 《原因》❶ 長期にわたる心気虚、突然の重い病による陽の損傷

 《病証》❶ 心悸、胸痛、虚寒による畏寒、四肢の冷え、また胸悶や気虚による症候を伴う。

 ③ 心血虚

 《原因》❶ 七情加度による陰血の消耗、出血加度による心血の減少、飲食物の摂取不足、熱傷による陰血の損傷 

 《病証》❶  心悸、不眠、めまい、健忘

 ④ 心陰虚

 《原因》❶ 心の陰液が不足して心神の栄養が悪くなり、心の神を主る機能が減退して現れる病証である。陰血の損傷により虚熱が生じることもあり、心陰の不足による心火の亢進(熱象)を伴うこともある。

 《病証》❶ 心悸、不眠、五心煩熱(五心;手2足裏2心臓1)

 ⑤心火の亢進

 《原因》❶ 心火により心神が影響を受けて起こる病証である。五志の異常、六淫の邪の熱化、酒やたばこ・辛い物の過度の摂取、湿熱性の漢方薬の長期使用

 《病証》❶ 心悸、胸部の煩熱感、不眠、尿赤

    ❷ 心神への影響として軽症なものには、煩躁、不眠。重症なものには狂乱(瘀阻)、うわごと、意識障害。口舌に瘡(口内炎)を形成するものもある。

 ⑥心脈の阻滞(瘀血)

 《原因》❶ 血を推動する作用や温煦する作用が低下すると、血行障害が起こり瘀血が形成される。

 《病証》❶ 心悸、背部に放散する胸痛、胸悶

 

八綱病証について#丹波市の整体・鍼灸治療なら丹波からだ工房#

1)八綱病証

(1)四診

  • 望診  視覚(舌診・顔面診)
  • 聞診  聴覚 嗅覚          弁証論治
  • 問診  問いかけ
  • 切診  触診(脈診・腹診)

(2)八綱病証

① 病位の深浅(病位)  表証・裏証

② 疾病の性質(病情)  寒証・熱証

③ 正邪の盛衰(病勢)  虚証・実証

陽・・・表・熱・実

陰・・・裏・寒・虚

(3) 病位

1 表 ・・・ 表位とは、身体の最も浅い部位、表証とはこの部位に病が存在すること。

「悪寒」「発熱」「頭項強痛」「浮脈」、4つのうち3つあれば表証

外感病の初期に現れる。

舌は正常 ・・・ 薄白苔

※「悪寒」「発熱」は、両方ある。

※治療法は。風門と大椎にお灸

2 裏 ・・・ 裏位とは、身体の最も深い部位、裏証とはこの部位に病が存在すること。

「悪熱」「口渇」「便秘」「腹部膨満」「下痢」「舌苔厚」「沈脈」

※「悪寒」「発熱」は、どちらか一方。

3 半表半裏 ・・・ 表と裏の中間位、横隔膜に隣接する臓器類のある部位(肝・胆)を指し、こ の部位に病が存在するときを半表半裏証という。

「往来寒熱」「胸脇苦満(肝・胆)」「口苦」「咽乾」「眩暈(肝)」「脈弦(肝・胆)」

(4) 病情

A  寒熱

寒 ・・・  「悪寒」「手足の冷え」「顔面蒼白」「寒性の下痢」「小便清長」         「唇の色は淡白」「舌苔は白で湿潤」「脈遅」

熱 ・・・ 「発熱」「煩躁」「顔が赤くほてる」「大便秘結」「小便短赤」「「口渇」「舌苔黄」「脈数」

※ 煩躁という症は気が火に従って上昇する症である。胸中の熱と不安を煩といい、手足をばたつかせることを躁という。

B 虚実 (疾病の過程における邪気と正気の闘争の状況の現れ)

虚 ・・・ 「呼吸や語勢が弱い」「自汗」「下痢」「小便頻数」「筋肉に弾力がない」   「喜按」「細脈」

実 ・・・ 正邪の闘争が激しい状態     「呼吸や語声が荒く強い」「無汗」「便秘」「小便の回数が少ない」「筋肉に弾力性がある」「拒按」「洪脈」

C 陰陽 (表裏・寒熱・虚実を統合したもの)

陰 ・・・ 生体反応が沈滞・減弱している病情   「顔色蒼白」「活気がない」「言葉が少ない」「手足を縮める」「悪寒や冷えを訴える」「脈状は、遅・弱・細・微」

陽 ・・・ 生体反応が発揚・増強している病情   「顔色紅潮」「活気がある」「言葉が多い」「手足を伸ばす」「炎症」「充血」「発熱」「舌質は紅」「脈状は、浮・数・滑・洪・実」

病因論について#丹波市の整体・鍼灸院なら丹波からだ工房#

病因論

)概要

  • 発病因子

外感…外因➡六淫(風・寒・暑・湿・燥・火) + 疫癘(伝染病)

 

病因     内因➡七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)

内傷

不内外因➡飲食・労倦・房事・外傷など

2)外感  

(1) 風

① 陽邪で上部を犯しやすい。

② 衛気を犯しやすい。

③ 動きやすく、変化しやすい(遊走性)。

④ 百病の長

(2) 寒

① 陰邪で陽気を損傷しやすい。

② 気血を凝滞させて、痛みを起こす(凝滞性)。

③ 収縮・収斂の作用を持つ(吸引性)。

(3) 暑

① 性は炎熱=炎上性

② 陽邪で昇散、気や津液を損傷しやすい。

③ 湿邪を伴うことが多い。(暑=熱+湿)

(4) 湿

① 陰邪で下部を犯しやすい。

② 湿は重く、停滞する。(重濁性、粘滞性)

③ 湿は、脾胃を犯しやすい。

(5) 燥

① 陽邪で乾燥させる働きがあり、津液を損傷しやすい。(乾燥性)

② 肺を傷つけやすい。

(6) 火

① 上昇しやすい(炎上性)。

② 陽邪で、気や津液を損傷しやすい。

③ 生風、動血しやすい。

④ 腫瘍を形成しやすい。

(7) 疫癘

疫気・癘気・疫毒・疫邪・乖戻之気(かいれいのき)・瘟疫(うんえき)・毒気・戻気・異気・雑気 など

  発病は急で、症状も重篤である。

3)内傷  

(1) 内因

① 七情

特定の感情の過多は特定の内臓の疾病を引き起こす。

七情 憂・悲 恐・驚
内臓

陰証=裏・寒・虚証

※ 虚に乗じて外邪が侵入すれば、陽性の症状を現す。

(2) 不内外因

① 飲食

脾は運化を主り、胃は受納を主る。飲食の不摂生は、まず脾胃を損傷する。

② 労倦

五労・・・久行、久使、久坐、久臥、久立

長期間体を動かさないと、気血のめぐりが悪くなり、脾胃の働きが衰える。

③ 房事

房事不摂生は、腎精を消耗する。

④ 外傷

打撲、捻挫、切傷、骨折などがあり、外傷後は体内に悪血が停滞しやすい。