ブログ

施術事例(患者様の手記)

事例16;精神疾患のため仕事を離れている40代の男性の手記(原文のまま)

丹波市山南町在住 42歳 無職 男性

私は、自律神経失調症及び不安神経症のため20代前半から心療内科にかかり治療を受けていました。

鍼灸治療が自律神経に効果を発揮することを知り、本州津々浦々治してくれる治療院を探し回りました。しかし、どこへ行っても適切な治療を受けることができませんでした。少しましな治療をしてくれるところが石川県七尾市にあり、年に数回泊りがけで通院していました。高速代やガソリン代、宿泊料を含め何万円もかかっていました。

先日、たまたまインターネットでどこか良い治療院はないかと探しておりました。そこで同じ丹波市に【丹波からだ工房】のsだっそく存在を知りました。

さっそく治療を受けると、一回目から即、効果が出てきて、治療院を出るときには背中や肩も軽く、目もすっきりと視界が広がり、精神的にも落ち着きました。それ以来、睡眠も夜中に起きることなくぐっすりと眠れます。

これまで人生は何だったのか?あの鬱陶しい日々が嘘のように晴れやかになりました。

こんな素晴らしい治療院が丹波市に存在したことは驚きでした。全国でも有数の治療院だと思います。

施術中は気持ち良く、施術後はすっきりとした即効性があり、しかもその効果が永続的であることに驚きを禁じ得ません。

こんな素晴らしい治療院が近場にあることを本市の皆さんにもお伝えしたく存じ上げます。

事例15;交通事故に遭い両足大腿部及び骨盤骨折の後遺症に悩む50代の男性

篠山市在住 53歳 公務員 男性

私は、10年前に対向車の無謀運転により交通事故に遭い、両足大腿部及び骨盤骨折を負いました。それから数年の年月が経過したのちふくらはぎや大腿部、臀部や肩などに痛みが生じ始めました。10年が経過したころには、その痛みも我慢ができないような辛いものになりました。痛み始めると苦痛の余り「痛い、痛い・・・。」とうめき声を上げずにはいられないほどでした。一緒に住まう家族でさえもその声を聴くといたたまれなくなり、やがてはそのうめき声が迷惑な雑音と感じているようで、そのことだけでも私もつらく感じていました。

プロ野球選手が通っているという岸和田の有名な施術院(イチローも来たことがあるそうです。)へも随分通いました。しかし、少し良くなるような感じもするのですが、結果的には改善に結びつきませんでした。

或る日、丹波市の実家へ帰ると、母が丹波からだ工房の新聞広告を見せて、「ここへ行ってみたら?」といってくれたので、お世話になりました。

交通事故による障害ですので、イレギュラーというか定石通りの治療ではなかなかうまくいかないことは、身をもって感じておりましたが、親身になって私の体のことを考えていただき、様々な療法を試しながら私の体に合う方法を絞り込み対応していただきました。

おかげさまで、ふくらはぎや大腿部、臀部の激痛は今では嘘のように引いていきました。

今は、肩の痛みがありもう少しで解放されるところまできております。

本当に有り難く感謝している次第です。

事例14;腰が90度曲がった60代の女性の手記(原文のまま)

市島町在住 69歳 無職 女性

60歳を過ぎた頃から、腰が曲がってきました。私の母親も曲がっていましたので、「これも遺伝によるものだ。」と思っていましたが、年齢が増すにつれて曲がりがひどくなり日々の生活がつらくなりました。

友達から勧められ、京都に良い先生がおられるということで月に2回通っておりました。そこでは、それなりに少しましになって来るように感じましたが、曲がった腰が伸びることはありませんでした。

ある日、新聞広告で丹波からだ工房を知り、どんなもんか行ってみようと思いお世話になりました。

一回目の感覚で、「これは、従来の施術院と違うな!」と思い、京都の施術院をやめて、ここで月に2度お世話になることにしました。現在、10カ月ほど経過しましたが、曲がった背骨が真っ直ぐになりつつあります。これは、背骨そのものが悪いのではなく、筋肉や内臓に着目した施術を行うことにより改善を図るという考えのもと治療にあたってもらっており、その成果が確実に分かるので、安心してお任せできます。

年齢が年齢なので100%まで治りきることはないのかも知れませんが、今でも改善の途にあり、メンテも含めてこれからもお世話になります。

事例13;五十肩で仕事に支障がある50代の男性の手記(原文のまま)

青垣町在住 56歳 会社員 男性

会社では主に右手を使い、10~15キロ程度の鉄板などをひっくり返したり、作業機械のバーを持ち上げたりする仕事を行っております。まさに右手が命の仕事です。しかし、右手も長年の勤続疲労でとうとう上がらなくなり尚且つ力も入らなくなってしまいました。仕事がつらくなり、やがてはできなくなるのも時間の問題でした。

そんな折、同僚から丹波からだ工房を勧められ、初めは騙された気持ちで行ってみました。すると、一回目の治療から肩がだいぶ楽になり、上がり方も好転してきました。「この先に、完治がある。」と予感させる良い治療でした。

2回目以降の治療で特筆すべきは、肩が良く上がり力が入るようになったことだけでなく、自分では意識しなかった自分の体の弱点がどんどん改善されていきました。

例えば、股関節が物凄く柔軟になり、仕事で立ったりしゃがんだりする作業がとてもとても楽になりました。また、日常生活でも、睡眠中に寝返りをする度に腕が痛く、長時間の睡眠はとれませんでした。10年以上爆睡したことなどありませんでした。それが、腕が治ったことにより爆睡出来て、肩だけなく体調もすこぶる良く、仕事も日常生活も楽しいです。

本当に、丹波からだ工房に感謝しています。

 

事例12;歩行困難な70代女性の手記です。(原文のまま)

丹波市春日町在住 無職 74歳 女性

継続して5分も歩けないほどひどい状態ででした。歩く時も前かがみの姿勢でしか歩行困難でした。

また、寝姿勢も真上を向いて寝れない状況で、横向きに寝返ろうとしても足が痛くて困難な状況でした。両足もO脚が酷くなっていました。

丹波からだ工房のことは、娘が腰痛で通院しており的確な治療効果をあげておられ、まずはそれを聞いた腰痛・脊柱管狭窄症の主人が通ってみることにしました。すると主人は1回通院しただけで腰痛も歩行も改善し、翌日にはこれまで飲んでいた薬を全部捨ててしまいました。主人も一回一回通院するごとに元気になり、私もそれを見てお世話になろうと思いました。

3カ月間で1週間に1回、計10回ほど通院しましたが、顕著な効果が現れました。先ずは、外見から言うと、縮んだ足の筋肉が伸びてO脚が改善され姿勢もよくなり体全体も伸びてきました。足の痛みもほとんど無くなりました。今は上向き姿勢で寝れるし寝返りも自由に打てるようになりました。歩行についても今は30分以上継続して歩けるようになり、体のふらつきも無くなりました。また、椅子から立つときでも何も捕まらずにす~っと立つことができて嬉しいです。何よりも嬉しいのは毎日の炊事で、2時間以上継続して立っていられることです。

今では、このような改善状況を見ていたもう一人の上の娘までが通院しており快調な暮らしを送っていることに感謝いたします。