ブログ

日記

懐かしい来訪者

丹波へ帰ってきてから、昔の友人たちが工房へやってきました。

中には、高校以来43年振りという友人もいて、本当に懐かしい気持ちでいっぱいです。

みんなそれぞれ年取ったな・・・って感じです。

本院の2階は、生活スペースとしており、その一室に早速雀卓(ジャンタク;マージャンのテーブル)が運びこまれました。
(さらに…)

懐かしい丹波

今日は日曜日、仕事も休業です。台風の影響もあって薄暗くて鬱陶しい天気です。

お昼に近くの王将で食事をしました。王将は今や丹波市のメインストリートとなっているバイパスにあります。我が施術所から徒歩で3分のところにあります。このあたりは、昔は一面田んぼでした。40年前と比べるとすっかり様変わりしました。近隣には大型店がいっぱい進出し、人々の光景も田舎のそれではないような感じがします。これからあちこちの店をもっと細かく観察して新しい発見をしたいと思います。
(さらに…)

敷居を低く・・・

16日からインターネットが繋がるようになりメールも使用できるようになりました。

メールは、お気軽にご使用ください(電話もですが・・・)。体調に関する些細な相談から深刻なものまで・・・。相談したとしても必ず来院しなければならないものではありません。

(さらに…)

なぜこの開業場所を選んだのか?

施術所の開業場所については、丹波市の中心であり、尚且つメインストリートから少しそれたところで探していました。一番該当したのが、この地でした。

大通りに面して”いかにも店がここにある”といううのは、この職業から考えると自分としては好ましいとは考えていません。ここへ来る人は、皆さんホッとしたいのだと思います。中心から少しそれたところがいいのだと思います。しなしながら、施術は単なる癒しに終わってはいけないのだと思っています。
(さらに…)

この職業に就いて良かったと思うこと

患者様の喜びが全てです。「すっかり体が軽くなりました。」と言って、玄関を出られる姿を見送ることが何よりの幸せです。

先日の患者さんは、14年前に脳内出血により右半身に麻痺が残る方でした。「どれくらい(可動域を)取り戻せるかわかりませんが、やってみましょう。」と言って始めました。施術中、硬くなった筋肉がどんどんほぐれていく様子に私自身がびっくりしたほどです。施術後は右手が上がりやすくなり、足も軽やかになりました。どこまで症状がとれるのか、そしてどれくらい良い状態で定着できるものなのか、楽しみです。
(さらに…)

1 5 6 7 8 9 10