ブログ

日記

同級生の死

私たちの年齢になると体のあちこちに痛みが出てくる。同級生の来院も多い。今日も一人同じ中学校だった同級の女性が来た。

その女性の話で、私が幼稚園から中学校まで同級だった男性が死んだと伝えられびっくりした。

彼とは1か月前に電話で話したところだった。彼の元気そうな声の響きが耳の奥に残っている。もう私たちも(枯れ果てていく)そんな年齢なんだと思った。

死んだ彼は、俊足でスポーツマンでいつも明るい性格だった。心からご冥福をお祈り申し上げます。

猛暑が続く

今年の夏は異常に暑い。

こんなにも暑い日々が長く続くのは記憶にない。考えてみれば、6月の中旬に寒い日があり、ストーブを焚いた記憶がある。7月の集中豪雨や逆コースの台風等々異常気象が続いている。

一体、何が原因でこうなっているのか?地球の温暖化が原因なのか?それとも地球の周期的な環境の変化なのか?う~ん、どっちでもいい。この暑さをなんとかしてくれ~!!

大雨による水没

一昨日前からの大雨により玄関先の道約3メートルとその向こう側の溝約1メートルが一面の黄土色の泥水で埋め尽くされて通行不能となりました。午前3時頃に階下の駐車場の様子を見に行ったところ、あとわずかで水没しそうになっており、あわてて自動車を高台へ移動しました。そして、今朝起きて外を確認したところ、駐車場は膝まで水没していました。間一髪でマイカーの水没を逃れました。

今朝は、患者様も本院には来れない状況なので、仕事もキャンセルしました。

あぁ~、雨が鬱陶しい。

 

再び大地震を体験!!

本日朝、7時58分大震災が発生しました。私にとっては2度目の体験です。

以前は、阪神淡路大震災でした。あれは、1995年(平成7年)1月17日のことでした。私は、当時教育委員会に勤務しておりました。あの時も朝方でした。揺れが物凄く、今日と同じで地震で目が覚めました。あの時は、伊丹の我が家の食器棚もぐらぐら来ていたようで食器の割れ等がありました。今日も伊丹の我が家で寝ておりましたが、幸い揺れだけに留まり、実害はありませんでした。

阪神淡路大震災の時は、朝に出勤するときの道端の光景が凄かったのを覚えています。今回の地震は、兵庫県下においては、大した被害はなく本当に嬉しく思います。

1週間後に予定していた家族旅行(山陰へのカニすき)もキャンセルして避難者の支援に当たっていた当時を思い出します。

なにわともあれ、今回は被害が少なく本当に良かったです。

週に一回伊丹へ帰って、義父の治療もしています。

本工房を抱える丹波市と自宅のある伊丹市との往復生活も1年半近くになります。

最近は、伊丹の自宅の近くの家内の実家に住む高齢の義父の治療も行っています。義父は、お灸とマッサージを好み、週に一度の私の治療を楽しみにしてくれているようです。私も伊丹へ帰る張り合いの一つにもなっています。いつまでも元気でいてほしいと思います。

1 2 3 4 5 6 10