ブログ

日記

突然の来客(教え子のご両親)

昨日の朝、突然の来客にびっくりした。

私が若い頃、阪神間のある小学校で教鞭を執っていた時代に面白い児童がいた。直接担任をしていたわけではないのだが、社会教育で少年サッカーの指導をしていたので、そのチームに加入してきた児童である。サッカーが取り分け上手なわけではないのだが、私にとってはその子の言動がとても楽しく感じられた。表情を見ているだけでも楽しい児童だった。その児童はサッカーよりも学業の方が優秀で、卒業後は灘中・灘高へと進むのであるが、そこでも成績は素晴らしいとの噂が後々聞こえてくるほどであった。お父さんの後を追って医者にでもなるのかなと思いきや「血を見るのがダメ!」ということで小さいころから医者のコースは排除していた。ご両親とも子どものことには熱心にかかわられ、サッカーの試合にもよく二人で応援に来られていた。

後に母親からの年賀状で京大の工学部に入ったとの報告を受けた。望めばどの大学でもどの学部でも通ったはずなのに、「京大でアメフトをやりたい。」と言って入学したそうな。大学4年の時は見事に大学日本一輝くのである。西京極競技場や甲子園球場へ勇姿を見に出かけたこともある。また、アメフト日本一を賭けた社会人王者と学生王者の試合(ライスボール)も家内と二人で東京ドームまで見に行った。ちなみに彼が小学校でサッカーをやっていたころコーチの私を支えてくれていたの女性が、後の私の嫁である。だから家内にも思い入れがあって、二人で応援していた。

その後、本人とは私が某市の教育委員会にいるときに会いに来てくれた。その後も本人や母親との年賀状のやりとりはあるのだが、昨日、突然ご両親がお見えになりびっくりした。父親は某市の公立病院の院長を退任後、本市(丹波市)の病院の嘱託医師として週に何回かはこちらで勤務されているということは聞いていた。「また、お伺いします。」とも年賀状では聞いていたが、まさか突然の来院にはびっくりした。

その後、教え子は社会人アメフトリーグのアサヒ飲料のヘッドコーチをやり優勝し、今現在はアメフトを退き、アサヒビールのヨーロッパ担当として活躍しているそうな。何でも母親の話ではTOEICの試験で990点満点中930点を取り、社長さんがびっくりしたそうな。・・・流石です。今後とも活躍を見守りたいと思います。

 

 

患者様からの頂き物 ~秋の味覚その2~

患者様から秋の味覚をまたまた頂きました。
枝豆とマコモダケです。そして、松茸も・・・。松茸と枝豆は、この秋2回めです。嬉しいです。

神童と呼ばれた男

小学校の同級生で、神童と呼ばれた男がやってきた。当時は、『勉強では彼には勝てなかったなぁ。』という思いが今でもある。

患者としてやってきた彼の体をチェックすると、さすがに同年代の人々に比べて随分若い。つまり柔軟な筋肉を持ち合わせている。つまり、これが当時から備えていた資質であり、長年に渡ってそれを維持し続けた偉さがあると思う。柔軟な肉体は健康であることのあかしであり、人間社会において優れたパフォーマンスを発揮する礎である。

そんな彼でも人間であり、長年に渡って蓄積された肉体の疲労は少しずつあちこちに見られる。それらを鍼灸を使って修復していった。

治療を終えたあと、「体が軽くなったよ。」と言って喜んで帰って行った。

このように、我が治療院では、特に目立った症状がなくても硬い筋肉を柔軟にする施術を行うことによって、自分の持っている自然治癒力を最大限に発揮させ、その限度内において肉体を若く蘇らせることを目的とする。

翌日も「体調がとてもよい。」というメールが届いていた。施術のし甲斐があった。

同級生の死

私たちの年齢になると体のあちこちに痛みが出てくる。同級生の来院も多い。今日も一人同じ中学校だった同級の女性が来た。

その女性の話で、私が幼稚園から中学校まで同級だった男性が死んだと伝えられびっくりした。

彼とは1か月前に電話で話したところだった。彼の元気そうな声の響きが耳の奥に残っている。もう私たちも(枯れ果てていく)そんな年齢なんだと思った。

死んだ彼は、俊足でスポーツマンでいつも明るい性格だった。心からご冥福をお祈り申し上げます。

猛暑が続く

今年の夏は異常に暑い。

こんなにも暑い日々が長く続くのは記憶にない。考えてみれば、6月の中旬に寒い日があり、ストーブを焚いた記憶がある。7月の集中豪雨や逆コースの台風等々異常気象が続いている。

一体、何が原因でこうなっているのか?地球の温暖化が原因なのか?それとも地球の周期的な環境の変化なのか?う~ん、どっちでもいい。この暑さをなんとかしてくれ~!!

1 2 3 4 5 6 10