ブログ

病に負けない体をつくる#丹波市の整体・鍼灸院なら丹波からだ工房#

症状はあるのに検査では「異常ありません。」と言われてしまう、何となく体の調子が良くない・・・。鍼灸治療はそのような方にも適した医療なのです。

症状が示す体表のツボ反応を探り当て、手当てを施そうとするのが、鍼灸医学をはじめとした東洋医学です。

東洋医学では、病気の原因を風雨寒暑の気候(外因)、喜怒哀楽の感情(内因)、日常生活の労働・飲食(不内外因)と捉えます。それらの病因より正気(自然治癒力)が勝ると病気にかからないとと考えています。

例えば、季節の変わり目に風邪をひきやすい【気候】、イライラすることが多い【感情】、最近働きすぎ【日常生活】といった具合です。

こうした3つの病因が積み重なり、その人が持つ自然治癒力を超えて溢れだしたものが症状として自覚されるわけです。しかし、自然治癒力の方が 勝れば、病は押しとどめられて発症には至りません。

鍼灸でいう養生法はは、自然治癒力を引き出す働きをします。鍼灸治療を通して、この自然治癒力を高め、病に打ち勝つ強いからだにしていきましょう。