ブログ

八綱病証について#丹波市の整体・鍼灸治療なら丹波からだ工房#

1)八綱病証

(1)四診

  • 望診  視覚(舌診・顔面診)
  • 聞診  聴覚 嗅覚          弁証論治
  • 問診  問いかけ
  • 切診  触診(脈診・腹診)

(2)八綱病証

① 病位の深浅(病位)  表証・裏証

② 疾病の性質(病情)  寒証・熱証

③ 正邪の盛衰(病勢)  虚証・実証

陽・・・表・熱・実

陰・・・裏・寒・虚

(3) 病位

1 表 ・・・ 表位とは、身体の最も浅い部位、表証とはこの部位に病が存在すること。

「悪寒」「発熱」「頭項強痛」「浮脈」、4つのうち3つあれば表証

外感病の初期に現れる。

舌は正常 ・・・ 薄白苔

※「悪寒」「発熱」は、両方ある。

※治療法は。風門と大椎にお灸

2 裏 ・・・ 裏位とは、身体の最も深い部位、裏証とはこの部位に病が存在すること。

「悪熱」「口渇」「便秘」「腹部膨満」「下痢」「舌苔厚」「沈脈」

※「悪寒」「発熱」は、どちらか一方。

3 半表半裏 ・・・ 表と裏の中間位、横隔膜に隣接する臓器類のある部位(肝・胆)を指し、こ の部位に病が存在するときを半表半裏証という。

「往来寒熱」「胸脇苦満(肝・胆)」「口苦」「咽乾」「眩暈(肝)」「脈弦(肝・胆)」

(4) 病情

A  寒熱

寒 ・・・  「悪寒」「手足の冷え」「顔面蒼白」「寒性の下痢」「小便清長」         「唇の色は淡白」「舌苔は白で湿潤」「脈遅」

熱 ・・・ 「発熱」「煩躁」「顔が赤くほてる」「大便秘結」「小便短赤」「「口渇」「舌苔黄」「脈数」

※ 煩躁という症は気が火に従って上昇する症である。胸中の熱と不安を煩といい、手足をばたつかせることを躁という。

B 虚実 (疾病の過程における邪気と正気の闘争の状況の現れ)

虚 ・・・ 「呼吸や語勢が弱い」「自汗」「下痢」「小便頻数」「筋肉に弾力がない」   「喜按」「細脈」

実 ・・・ 正邪の闘争が激しい状態     「呼吸や語声が荒く強い」「無汗」「便秘」「小便の回数が少ない」「筋肉に弾力性がある」「拒按」「洪脈」

C 陰陽 (表裏・寒熱・虚実を統合したもの)

陰 ・・・ 生体反応が沈滞・減弱している病情   「顔色蒼白」「活気がない」「言葉が少ない」「手足を縮める」「悪寒や冷えを訴える」「脈状は、遅・弱・細・微」

陽 ・・・ 生体反応が発揚・増強している病情   「顔色紅潮」「活気がある」「言葉が多い」「手足を伸ばす」「炎症」「充血」「発熱」「舌質は紅」「脈状は、浮・数・滑・洪・実」