ブログ

事例23;腰部脊柱管狭窄症に悩む60代男性の手記  #丹波市の整体・鍼灸院なら丹波からだ工房#

64歳 男性 小売業
右足が痛くて、20メートルも歩くと休まないとどうにもならない状態になっていました。寝ていても足腰の痛みで眠れない状態でした。
実は、30代のころから酷い肩や首のコリ、酷寒説の硬さが原因の腰痛などでカイロプラクティックや鍼灸など、あちこちの施術院に通っていました。当時はまだ若かったこともあり、何回かの治療で何とか治してきましたが、流石に今回はどれをやっても改善しません。
仕方なく形成外科を受診し、MRIやCTを撮って診てもらいました。結果は脊柱管狭窄症で間欠性跛行を発症しており狭窄部位が複数なので完治は無理との診断でした。療法としては神経ブロック、血行の改善薬と鎮痛剤でコントロールし、リハビリでこれ以上悪化しないようにしていきましょうということでした。手術の可能性も調べましたが、完全に成功する率は30パーセントほどで、後遺症が残る率も高く、以後も治療が必要の様でした。
困り果てたとき、丹波からだ工房のことを知り、治療をお願いすることになりました。一回目の治療を受けただけで、これまで受けてきた治療とは効き目が格段に違うことがわかり、驚きとともに「これで救われる!!」という安堵感に包まれたことを今でもはっきりと覚えています。
今まで受けてきた治療とは次元が違います。今回は鍼治療なのですが、先生は殆どツボを外されないのです。超正確で鋭い鍼治療をされるのです。若い時からこういった治療を受けてきたので、自分自身もカイロプラクティックや鍼灸のこともかなり勉強してきましたのでツボは普通の人より理解度が高いと自負しております。そんな私ですが、この丹波からだ工房の治療はすごいと言わざるを得ません。この先光明がはっきりと見えておりますが、治ってからのメンテも含め、私のトレーナーとして一生の体調管理をお願いしたく存じます。